外国人ファシリテーター紹介 | ゲシュタルト療法・東京

外国人ファシリテーター紹介

マイク・リード (Michael Reed PhD)

mike.lee 心理学者、認定臨床ソーシャルワーカー、Psychology Board of Australiaの認定スーパーバイザー、GANZ(ゲシュタルト・オーストラリア・ニュージーランド)特別会員。35年間の個人、カップル、家族、グループに対する臨床経験を持ち、ゲシュタルト療法トレーニングには20年以上携わっている。

また、香港、米国、日本でもワークショップを実施している。心理学、医療、健康、カウンセリング、心理療法の分野でジャーナルや本を出版している。 関係性と治療プロセスに関心を持っており、創造的で革新的な現代ゲシュタルト療法に根ざしたアプローチにワクワクしている。シドニーのクロウズネストにおいて心理学、心理療法の個人プラクティスを行い、仕事以外では、家族とリラックスし、孫と遊び、ガーデニング、ウクレレ、スポーツ観戦を楽しんでいる

2014年6月11日(水)・12日(木)

《テーマ》 『リレーショナル・ゲシュタルト ~欧米の最近の流れ~』


ドロシー・チャールズ (Dorothy Charles)

dorothy.charlesエサレン研究所にてリチャード・プライスとクリスティン・プライスからトレーニングを受ける。その後、ロサンジェルスのパシフィックゲシュタルト研究所でリン・ジェイコブスとゲイリー・ヨンテフからリレーショナル・ゲシュタルトを学ぶ。1985年からエサレン研究所にてワークショップやトレーニングを指導している。2013年よりカリフォルニアにて自身の拠点Tribal Groundでも活動を始めた。他に中国、台湾、ギリシャ、スペイン、日本において指導を続けている。

2014年7月15日(火)・16日(水)

《テーマ》『ドロシー・チャールズ ゲシュタルト療法ワークショップ』


ジャニス・ジェラルド (Janice R. Gerard PhD)

Janice2 米国認定臨床心理士であり、カリフォルニア州ウェストロサンゼルスの個人開業指導を行っている。ゲシュタルト・セラピー・インスティチュート・ロサンゼルスの元所長。 長年にわたり、 ワークショップやトレーニンググループをもち、ゲシュタルト療法やトランスパーソナル心理学の国際学会における発表は多数にわたる。現在は、リレーショナル・ゲシュタルトの分野でトレーニングを行う。2007年より、リレーショナル・ゲシュタルトのトレーニングコースを指導、1995年よりトランスパーソナルの夢のワークのトレーニングコースを指導を続けており、現在は夢のグループにまつわる経験に関して本を執筆している。

2011年9月23日(祭)・24日(土)  終了しました。

《テーマ》『ジャニス・ジェラルド ゲシュタルト療法ワークショップ』


モーガン・グッドランダー(Morgan Goodlander)

morgan.goodlander 現在、モーガンは、故ポーラ・バトム女史が所長をしていたサンフランシスコ・ ゲシュタルト研究所の理事をしています。エサレン研究所でゲシュタルトトレー ニングプログラムを主催した経験を持ち、フランス、メキシコ、イギリス、オース トラリアなどで活躍している国際的なゲシュタルトアプローチの指導者です。 彼の話ぶりは気さくでユーモアに富んでいます。そして、日本の文化、特に禅にとても関心があるそうです。ワークショップにおいては、出会った方々一人ひとりの歩みを尊重する方法でワークを行います。

2010年5月4日(祭日)・5月5日(祭日)  終了しました。

《テーマ》『モーガン・グッドランダ―・ワークショップ』


 

ジャクリーン・ヒルトン (Jacqueline Hilton)

スクリーンショット 2014-10-21 17.59.53シドニー大学で日本語の学位を習得。シドニーのヨガスクールで解剖学、生理学などについて学び、ヨガ教師をつとめる。オーストラリアのTerrigal Gestalt Institute でゲシュタルト療法を学ぶ(4年間コース修了。日本滞在中は、金沢市の国際交流コーディネーター、フリーランス通訳者、英語教師として活動。タイ、オーストラリアで、ヨガ、英語、日本語などの教師をつとめ、ゲシュタルト・カウンセラー、グループ・ファシリテーターとしても活躍中。

2016年 1月19日(火)・20日(水)の ジャクリーン・ヒルトンWS 終了しました。

≪テーマ≫Jacqueline Hilton Workshop ~「今・ここ」成長の時期~1月19・20日

  • 初めての方へ
  • お問い合わせ

    ワークショップや個人カウンセリングに関するお問い合わせは、
    下記フォームより受け付けております。
    お電話でのお問合せがある場合は、メールにてお知らせください。
  • リンク集