top of page

バレエ教師 女性

【ベーシックコース】


1年間、本当にお世話になりました。

自分と繋がっている感覚がずっと深くなりました。 自分のことをより愛し、周りの人のこともより愛している感覚があります。

その中にあるものがなんであれ、ありのままに受け止めるということが、ずいぶん身体に入ってきたような気がしています。

1年の中で、自分が、自分のことも他人のこともどうにかしようとするクセが強いことに気づきました。

どうにか良くしようと努力するし、良いところを見て励まして楽しんで進む。

一見素敵なことにも思えることが、何かから目を背けたり何かを否定するところから生まれてる、という事に気づきました。

特に私は私をものすごくジャッジして、そのまま出すと危ない!って言っていました。

つまり、他の人のこともジャッジしている。

良いところを見てポジティブなジャッジにしようと努力してきたことに気づいています。

良い事だと思っているから気づきにくいことにも。

そんなワークをした後は、自分のことも周りの人のことももっともっと大好きでたまらなくなりました笑

まだまだどうにかしようとするクセがあるなぁと、それすら温かい気持ちで見られるようにもなりました。

どうにかしようとしなくて良いんだよっていうことが、これからもっと身体に入って、

それでいて自分が自分の目で見て聞いて、どうしたいのか、何を大切にして行くのか、

感覚を研ぎ澄まして生きて行きたいです。

関連記事

すべて表示

コンサルタント 男性

ベーシック参加のテーマは「老いとどのように付き合うか?」だったのですが、思わぬ展開となり、ビジネスで渦中の中に飛び込んでしまいました ゲシュタルトの「今、ここにいる」をこの数ヶ月、これほど意識したことはありませんでした 苦しい時は、ついつい妄想の中に行きがちなのですが、ゲシュタルトの基本姿勢を意識して、ゆっくりと呼吸して「今、ここ」を感じて自己調整している自分に成長を感じます。 最終講のワークもそ

セラピスト 女性

この1年間は私の人生において宝物となる時間となりました。 出逢えたご縁、出逢えた気づき。 すべてが、今ここの私の血肉となっています。 そんな感覚が確かにあることを、今感じています。 自分の身体の声と繫がるほどに 私はワタシの真実と出逢っていきました。 どんどん、私は私のことが好きになっていって さらにさらにと、自分に対する愛おしさが増していきました。 そして 「私は私」 「私は私だからいいんだ!」

カウンセラー 女性

ゲシュタルト療法を深く知りたい。と思い参加したベーシックでしたが、1年間あっという間で私にとっては宝物のような時間になりました。 また、ゲシュタルト療法は、自分のことが疎かになってしまっていた私にとっては、本当に必要な内容ばかりでした。 さまざまなワークで自分に向きあう時間は、心が軽くなったり、時に苦しく悩むこともありましたが、そんな時、仲間や沢山のファシリテーターさんが私の安心の場所や時間になり

コメント


bottom of page